×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。




〜住宅火災保険と住宅総合保険の違い〜
                                         TOP


火災保険はどの家庭もたいてい入っていると思います。
住宅金融公庫で融資を受けていれば住宅金融公庫特約火災保険に入っているでしょうし、それ以外なら損害保険会社や共済などの火災保険に入っているでしょう。

住宅用の火災保険は大きく二つに分けられます。
一つは、必要最小限の補償で保険料も安い住宅火災保険。
もう一つは、水害や盗難などにも対応した住宅総合保険。
最近では保険会社により様々ですが、住宅総合保険の補償範囲を更に広げ類焼損害や破損・汚損損害などを担保することができる保険もでてきています。

ここでは、一般的な住宅火災保険と住宅総合保険の比較をしています。
どちらがいいかは、自分の住んでいる立地条件も考慮に入れて火災保険をかけることをおすすめします。
















- 住宅火災保険 住宅総合保険
火災
落雷
爆発・破裂
風災・ひょう災・雪災
洪水・床上浸水 ×
水漏れ ×
物体の落下・飛来・衝突 ×
騒じょう・集団行動に伴う暴力行為 ×
盗難(家財契約のみ) ×
持ち出し家財の損害(家財契約のみ) ×