×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。




〜火災保険は火事の時だけの保険ではありません〜

                                          TOP

                                                      

火災保険は火事になった時だけしか 保険金が下りないと思っている人は結構多いんじゃないでしょうか?でもこれは間違いです。入っている火災保険の種類にもよりますが、一度、保険証券を確認してみて下さい。


風災・雪災・ひょう災 でも保険金は下ります

台風の風で 屋根瓦が飛んだり、それにより雨漏りがしたり、外から飛んできた飛来物で窓ガラスが割れたりなど、損害額合計が20万円を超えた場合保険金が下ります。最近はこの20万円の免責金額がない保険もあるようです。




洪水で床上浸水でも保険金は下ります

保険の種類にもよりますが、住宅総合保険・住宅金融公庫特約火災保険等は保険金が下ります。




火災保険で家財も付帯しているなら盗難にも対応しています

住宅総合保険等で 家財も付帯しているなら、空き巣に入られ盗難に遭っても生活通貨(現金)20万までと通帳・証書などの預金200万(又は保険金額のどちらか低い方の金額)まで保障されます。