×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。




税金の控除

                                         TOP



税金の支払いは少しでも少なくしたいものです。

私の場合、収入が103万円以下なので給与所得控除+基礎控除が受けられるので所得税はかかりません。
しかし、税金は所得税だけでなく県市民税もあります。

この県市民税が平成18年度から大幅にUPしています。
平成17年には2000円ほどしかかからなかったものが平成18年には6000円強になっていました。
約3倍です!!

そこで少しでも控除できるものをつくらなければと思い、契約者が主人になっている家族契約のがん保険・医療保険を契約者を私に変更して控除を受けられるようにしました。
(主人は別契約の生命保険で控除額いっぱいまでの5万円を申告しているのでそれ以上に申告しても無駄になってしまいます。)

契約者を変更しても、主たる被保険者を変えない限り保険の担保内容は変わりません。控除できるものは有効に使うようにしたいですね。